--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02.05
Wed
以前知り合いと話をして、自分が利用したスタジオのレポートとか作例を含めてあげたら情報共有できて便利だよね~。
って話があったので、この間アイカツ撮影でスタジオ行ってきたのでちょっと試験的にスタジオ体験レポ的な記事を書いてみたいと思います。


初めてなのでどの辺のポイントを書いたらいいかよくわかってないので、こういうことも書いて欲しいなどあればブログにコメントやツイッターでコメントなど、なんでも結構ですのでご意見いただければ嬉しいです。


というわけでここからレポート的にいこうと思います。



スタジオ名:HACOSTADIUM cosset(ハコスタジアム コセット)

URL:http://cosset.jp/

場所:池袋のヲタロードの中にある、ACOSの建物の5階と6階
   (昔からの池袋ユーザーには元アニメイト本店の建物と言ったほうがわかりやすいかもしれませんね)

料金体系:平日・土日共通
   日中(10:00~15:00)一人 1,800円 
   夜間(15:30~20:30)一人 2,800円
   ※今まで僕が参加したスタジオの中ではかなり安い部類に入ると思います。

予約方法:ホームページ上のチケットセンターから利用したい日の予約(チケットの購入)を行う。約2ヶ月先まで予約可能
    (無料の会員登録必要)

レンタル備品:
   ・小道具類(お菓子やマイクスタンド、ギターなど)が無料貸し出し
   ・撮影機材(レフ板・三脚)が無料貸し出し
   (照明機材の貸し出しは無料・有料問わず無し)


更衣室:カメラマン参加で更衣室は利用しなかったため不明。


撮影エリア:6Fは受付+更衣室となっており、撮影エリアは5Fに集約

今回撮影で利用したのは、「お菓子の部屋」、「カラーボールプール」、「モノトーンゴシック」、「白ホリ」、「近未来ステージ」、「鉄格子牢」、「カラフルヒューマンボックス」


□お菓子の部屋
お菓子の部屋というだけ会って、部屋の壁などが色々凝ってたり、でっかいお菓子のオブジェクトが置いてあるのでそれらを使いながら撮影しました。スペースも結構広めなので、色々凝れる場所だと思います。

DSC_0269
壁のオブジェクトを利用したり

DSC_0227
壁を利用したり

DSC_0247
テーブルの上のお菓子を使ったり

DSC_0285
EAT ME


□カラーボールプール
とにかく狭いです。
奥行きはまだいいですが横幅が圧倒的に狭い。多分150cmくらいしかないです。
その割には横壁にちょっとこ洒落たオブジェクトが飾ってあるから厄介。
広角よりのレンズがないとちょっときつい場所ですね。

DSC_0074
2人に寝てもらって上から

DSC_0106
横壁のオブジェクトをバックに。狭い場所で距離を稼げないから広角レンズを使って21mmの距離で撮影。



□モノトーンゴシック
お菓子の家やカラーボックスプールとは対象的にゴシック調にまとめられた部屋です。
カラーボックスプールに比べたら全然狭くはないですが、それでも50mm単焦点とかだと多少苦労したので、撮影の際は広角~標準ズームレンズあたりがあったほうがいいかと。

DSC_9984
座ってもらったり

DSC_0022
立ってもらったり

ユリカ様召喚成功!
召喚してもらったり※Photoshopで最後加工してます


□白ホリ
まあ特段特徴はない普通の白ホリです。
面白かったのが、白ホリは人気なので順番待ち様の紙があるのでそこに書いて順番待ちができるという点。

名前書いて空くのを待ってる間に他の場所で撮影できるのは大きいですね。


□近未来ステージ
カラフルボールと同じく横幅くっそ狭いです。
でもカラフルボールと違ってカメラマンが中に入ってとることもあまりなさそうな感じなので、そこまで気にもならず。
むしろ背景がキラキラしてるので辺にストロボを使うと反射が映り込んじゃうのが悩ましいところですね。

DSC_9968


□鉄格子牢
意外に明かりが取れたので、ストロボ焚かずに撮れました。通路幅もあるので、50mm単くらいの距離でも全然いけますね。
DSC_0205

DSC_0199


□カラフルヒューマンボックス
人1人が入れるカラーボックスが7個並んでるエリア。7箇所全部に人を入れて端から端まで全部入れようと思うと広角レンズ必須な感じの場所です。(ただしそれをやると端の人のゆがみはお察し)

DSC_0048
引きで。結構下がれるところまで下がってますが20mmだとこれくらい。

DSC_9974
今回は2人のあわせ撮影だったのでそれぞれのイメージカラーの場所に入ってもらって撮影

DSC_0061
ピンで撮影




比較的せまい建物のスタジオなので、ひとつひとつの部屋は結構狭めのつくりになっています。
背景や全身を入れた撮影をしたい場合は、広角よりのレンズを持って撮影に臨むことをお勧めします。


以上


<model>
・結女さん
・ゆんさん

<撮影機材>
・Nikon D600
・AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
・AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED
・SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A09 II)
スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://mellog477.blog.fc2.com/tb.php/38-1b979d81
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。